知る必要

イラストの傷ついた家

自転車保険とは自動車事故の被害額を補填するための損害保険ですが、大別して強制保険と任意保険の2つがあります。 強制保険は自賠責保険と呼ばれ、国で用意した自転車保険です。自動車の購入者に対して国から加入が強制されています。万が一強制保険に加入しないまま公道を走ると、刑事罰の対象になるため注意しましょう。 任意保険は民間の保険会社が各自で提供している自転車保険です。強制ではなく自動車購入者が自分の意志で加入を決めます。加入していなくても特にお咎めはありませんが、加入しないまま自動車事故を起こしてしまうと大きな金銭的負担が降りかかってくるでしょう。 そのため、強制保険はもちろん任意保険への加入も勧められています。

強制保険は国で規定した自転車保険なので、補償内容や保険料はどのカーオーナーも一律です。しかし任意保険は各保険会社で規定しているため、補償内容や保険料は一律ではありません。 同じ補償で契約したとしても保険会社によって保険料が変わってきますが、工夫次第で保険料を抑えることもできます。 例えば、各社で設けている特約をうまく活用すれば保険料の削減に繋がります。一部ですが確認してみましょう。 運転者限定特約では自転車保険に加入している自動車を運転する人を限定することで保険料の削減が可能です。契約者とそのパートナーに限定した配偶者特約、家族のみに限定した家族特約、年齢で運転者を限定した年齢制限特約などがあります。