ヘッドホンを付ける男性

取り組みについて

手で案内するOL

保険には様々な種類があるので、どの保険に加入すると良いのか考えておくことが重要です。特に医療保険には多くの種類があるので、将来のことをしっかり見据えてから加入するようにしましょう。

Read More

変化を知る

子ども二人と夫婦

現在の保険は日頃rの生活に備えるために様々なケースを想定しています。以前と比較すると保険の種類は多くなり、迷ってしまう人も多いので、保険相談サービスを活用すると良いでしょう。

Read More

比較することで

イラストの家の地震

最近の海外旅行保険は様々な企業が扱っているので、どの企業の海外旅行保険に加入すると良いのか判断が難しいこともあります。その場合でもインターネットを活用して比較することで、自分に適したものが見付かるのです。

Read More

必要なのか

人形と病院

男性の医療保険は、もしもの時家族を守るために早くから入られる方も多いですが、女性の医療保険は先送りされがちですよね。私たちはそれが心配です。 今生涯でがんと診断される人は2人に1人だとデータが出ています。もちろん診断されるという事ですから、がんの影響なく老衰などで入院され検査で発見された場合なども含まれますので、全てに治療が必要というわけでありません。 しかし今回はこの事にスポットをあて女性が早めに保険に入っておく事がいかに大切かを説明したいと思います。 女性特有の病気についても環境ホルモンなどで女性の初潮の年齢は年々早まっており、そこへ少子化という妊娠出産の回数減少での月経回数の増加などが加わり、以前は4人に1人と言われていた子宮筋腫や内膜症は、今では3人に1人の割合まで増加して来ています。

子宮筋腫や内膜症は無症状の場合もあり、多くの方が筋腫が大きくなったり内膜症が様々な所へ広がってから気が付きます。しかしわかった時に保険に加入しようとすると、手厚い保障がついているしっかりとした保険に入る事が出来ないのです。 ここで先ほどのがん保険のお話とも関係が出てきます。保険は体への不安が増える年になってきたらと思っているうちに、内膜症や筋腫は月経の回数を重ねるほど発病、悪化しやすい傾向があるので発病していて、いざがん保険を考えたい時には加入を断られる、又は子宮関連だけ保障外になってしまうというケースが多いのです。 私の友人も数人このケースにあたり、加入できる保険が限られてしまい医療保険にもっと早く入っておくべきだったと後悔されています。 子宮筋腫や内膜症は経過観察で済む場合も多く、場所によっては一生上手に付き合えるものですので、軽んじられがちですが医療保険の加入にはしっかり関わってきますので注意が必要です。

もしものとき

イラストの家の火事

ストレス社会とも言われる今の字だしでは多くの人がうつ病になってしまうことがあります。もしもそのような事態になったときにはどのような方法で対処するのか、また保険はどのような効果があるのか覚えておきましょう。

Read More

知る必要

イラストの傷ついた家

保険に加入することによって、万が一の事態に備えることができます。自動車保険ではどのような種類があり、それぞれ特徴を覚えておくことが急なトラブルにも対処できるようになるので、学びましょう。

Read More